第1話 逆転の切札 【前編】

 ■その他  TOP

第1話 逆転の切札 【前編】

~ 『勝負』について ~
証言
行動
つきつける物

ピアニストということになっているが

ピアノはほとんど弾けない。

【ゆさぶる】  

物好きな客の相手をすることが仕事

もちろん、ポーカーだ。

【ゆさぶる】  

現場になった部屋は、店の名物でね。

そこでの勝負がウリなのさ。

【ゆさぶる】  

ルールもかなり本格的だ。

2組のカードを使ってゲームをする。

【ゆさぶる】  

・・・もちろん純粋なゲームさ。

お客も満足しているよ。

【ゆさぶる】  
【追加証言】

事件については黙秘する。

とにかく、凶器には触れていない。

【つきつける】 証拠品ファイル【凶器のボトル】

~事件当夜のこと ~
証言
行動
つきつける物

あの晩、お客様に頼まれて

トランプをお配りしていました。

【ゆさぶる】  

あの晩はサムくてお二人とも

帽子もとらずゲームをしていました。

【ゆさぶる】  

被害者の方は首のロケットを

握り締めて勝負をなさってました。

【ゆさぶる】  

最後の勝負が終わった瞬間!

オソロシイ事件が起こったのです。

【ゆさぶる】  

あの方が被害者の方に飛びかかって

クビをお絞めになりました!

【ゆさぶる】⇒証言に追加 証拠品ファイル【浦伏影助の解剖記録】
【追加証言】

被告人はクビを絞めようとした後

ビンで殴りつけたのです。

【ゆさぶる】  

被害者の方は首のロケットを

握り締めて勝負をなさってました。

【つきつける】 証拠品ファイル【現場写真2】

~ 真剣勝負 ~
証言
行動
つきつける物

おたがいチップで3500点の

もち点で勝負は始まりました。

   

チップはお店のもので大小の

2種類のものをご用意しました。

【ゆさぶる】

【さらにゆさぶる】

【証言に加える】

 

【追加証言】

チップは100点と

1000点の二種類でした。

【ゆさぶる】大きいチップと小さいチップの点数確認。

【つきつける】⇒証拠品ファイル【チップの写真】

【両方とも正しい】

証拠品ファイル【チップの写真】

ゲームに勝っていたのは・・・そう

被害者さまのほうでございました。

   

被告人のほうは最後の勝負をしかけて

やはり負けてしまいましたの。

   

負けが決まった瞬間、被告人の方は

かたわらのビンをにぎりしめて・・・

   

~ 最後の勝負 ~
証言
行動
つきつける物

最後の勝負、おふたりとも

フルハウスという役で勝負に。

   

トランプはAからKまで

それぞれ4枚ずつしかありません。

   

だから、おふたりのカードを見れば、

イカサマはいっそ、アカラサマです。

【ゆさぶる】⇒証言追加  

【追加証言】

浦伏さまが3枚、被告人さまが2枚。

・・・5枚目のAが使われてたのです。

【つきつける】

写真の右上の2枚のAを示す。

【被害者のカード】を要求。画面の右の回すやつで回転させると、青いカードが出てきます。それを調べる。

 

証拠品ファイル【チップの写真】

次の瞬間、口論になりました。

イカサマがバレた被告人さまは・・・

   

手元にあったボトルで手にとって、

浦伏さまを・・・

   
法廷が終わろうとした時・・・

カードがスリ変えられた

"タイミング"それは・・・

【事件の起こったあと】  

赤いカードをスリ変えた人間・・・

よく考えるんだ!

【それ以外】  

 

Copyright (C) 2007 逆転裁判4 攻略 Game Clear. All Rights Reserved