第4話 逆転を継ぐ者 7年前 【法廷編 2】

 ■その他  TOP

第4話 逆転を継ぐ者 7年前 【法廷編 2】

~ 事件当夜のこと ~
証言
行動
つきつける物

あの晩、私は師匠が指定した時間に
病室を訪れました。

【ゆさぶる】  

部屋はすでに火薬のニオイがして
天斎はすでに天に召されていました。

【ゆさぶる】  

まさか、兄弟子にも同じ指示が
あったとは想像もつかなかった・・・

【ゆさぶる】  

死者とのヤクソクを果たすため、
ピエロの脳天に死の刻印を。

【ゆさぶる】

【 置かれた拳銃の数】→【モチロン、重要】

 

【追加証言】

病室にあった拳銃は、ただ1挺。
それで、ピエロを撃ちぬきました。

【つきつける】

証拠品ファイル【ステージ用ピストル】

そして、医者と警察に
連絡をしたのです。

【ゆさぶる】
 

~ 発砲者の特定 ~
証言
行動
つきつける物

私が病室を訪れたのは、指定どおり、
午後11時20分でした。

【ゆさぶる】  

死体を発見した私は、ヤクソクを
果たした後・・・医者を呼んだ。

【ゆさぶる】

 

医者は、警察が来る前に、
死体の状況を調べたのですが・・・

【ゆさぶる】
 

ハッキリ、断定したのです。死亡
時刻は、11時10分である、と。

【 ゆさぶる】
【重要である】
 

【追加証言】

残されたイノチの液体・・・点滴の
量がバランの無実を立証している!

【 ゆさぶる】

【ムジュンしている】

【証拠品】→『現場写真』
【点滴液の色】

 
その時間、病室には兄弟子が
いたのです。私ではなく、ね。
【ゆさぶる】  
 
点滴液の色を“黄色”だと
証言した、その“理由”は!
【点滴液の色を知っていた】  
証人が点滴液を操作した“魔術”
その“タネ”とは・・・。
【小型の注射器】  
どうしよう。
証拠品を提示するべきか?
【 証拠品を提示する】
【ノートのページ】
 


Copyright (C) 2007 逆転裁判4 攻略 Game Clear. All Rights Reserved